Tel / 03-0000-0000

L'atelier W ラトリエ・ドゥブルヴェ

ラトリエ・ドゥブルヴェ 世田谷区用賀にある洋菓子・フランス菓子を中心にしたお菓子教室です。

Information

2020-02-11 12:18:00

Entremets miel et citron

 

 

生地はさっくりと、軽いレモンの香りが利いたダクワーズ、

外側はレモンカスタードににメレンゲを加えた軽いシブーストクリーム。

 

センターには蜂蜜のクレムー(なめらかなクリーム)が潜んでます。

周りのカリカリとしたクランブルもレモン風味が利いてます!!

 

 

 

国産レモンが手に入る今の時期にぜひ作りましょう!

 

 

開催日:

2月18日(火)11:00~14:00

2月21日(金)11:00~14:00

2月22日(土)11:00~14:00

2月23日(日)11:00~14:00

2月26日(水)11:00~14:00

 

難易度:★★★★(パーツが多いので時間がかかります)

 

受講料:7500円

 

お持ちかえり:直径12cm丸型


2020-02-03 10:32:00
いよいよ2月です バレンタインです!
今年は、ウィーン菓子の定番、「ザッハ・トルテ」を作りましょう!

Sacher-Torte 
ザッハートルテ2.jpg

ザッハ・トルテはウィーンの「ホテル・ザッハー」と王室御用達
のお菓子屋さん「デメル」の間で、販売権を巡って7年にも及ぶ
法廷闘争があったのは有名なお話。

ここではそのお話は割愛しますので、ご存じない方はウィキペディアで
ご参照くださいませ!

ザッハートルテ3.jpg
私のレシピは、どちらかというと ホテル・ザッハーのものに近いイメージです。
生地にはヴァローナの ブラックチョコレートをふんだんに入れますが、
決して重くはならず、 メレンゲの適度な軽さと、バターのしっとり感もあります。
この生地を2段に切り分け、
本家はアプリコットのコンフィチュールを塗るところ、
今回は自家製フランボワーズのコンフィチュールを使用します。
そして、何といっても、ザッハトルテの難関は、
独特のチョコレートコーティング 「ショコラーデン・グラズール」にあります。
温度が高すぎると、薄すぎてコーティングできないし、 温度が低すぎると、
厚ぼったくなり、きれいに伸びません。
この部分が面倒だったり、失敗しやすいため、
コーティングチョコレートで代用しているレシピを見かけますが、
これでは気分が盛り上がりませんよ~(笑)
砂糖の結晶化する性質を利用するこの独特のコーティングは、
とても甘いのですが、これに甘くない生クリームをたっぷり
添えて食べるのがよいのです。
コツをしっかりお伝えしますので挑戦してみましょう!!
日持ちしますのでプレゼントにも最適です。

開催日:
2月 7日(金)11:00~14:00
2月 8日(土)11:00~14:00
2月 9日(日)11:00~14:00
2月11日(火)11:00~14:00
受講料:7500円

お持ちかえり:直径12cmセルクル1台
難易度:★★★(シンプルな構成ですが、上掛けが少々難しいです)

1