Tel / 03-0000-0000

L'atelier W ラトリエ・ドゥブルヴェ

ラトリエ・ドゥブルヴェ 世田谷区用賀にある洋菓子・フランス菓子を中心にしたお菓子教室です。

Information

2019-10-04 11:54:00

 

2年前の人気レシピが復活します。

京都のお茶屋さん「一保堂」のほうじ茶をふんだんに使ったレシピです。

 

 

下から解説しますと・・・

一番は下は黒糖、岩塩入り、カリカリのクランブル。

ほうじ茶とホワイトチョコレートのガナッシュ。

ほうじ茶のシロップを含ませたビスキュイ。

ほうじ茶のシャンティー。

ほうじ茶のグラサージュ。

(なお、デコレーションに使用しているほうじ茶のマカロンは

レッスン中は作りません。レシピはご紹介します)

 

 

開催日:

10月9日(水)11:00~14:00 
11月6日(水)11:00~14:00 

 

受講料:7500円

 

お持ち帰り:20cm×7cm 長方形ケーキ 1台


2019-10-04 11:30:00

 

Savarin muscat & almonds

 

大体のパーツが決まっているものの、生地の微妙な配合とか、

グラスの中の順番とか、量とか、ちょこちょこ変えては、

試食を重ねておりました。

 

結局どのような形に落ち着いたかというと、

白い部分に関して、ヨーグルトシャンティーと

アーモンドブラマンジェで迷っていたのですが、結果としては

ブランマンジェに決定。

 

私自身、ヨーグルトシャンティーが大好きで、他のお菓子でもよく

使うのですが、ヨーグルトって何とあわせてもしっかりヨーグルトが

主張する気がして、今回は白ワインだったり、柑橘系の果汁が引き立つ

ようにするにはブラマンジェの方が脇役として優秀かなという結論。

 

 

それ以外はカスタード&シャンティーを合せたディプロマットクリーム、

サヴァラン生地には白ワイン&柑橘系の果汁、バニラを含むシロップを

たっぷりと含ませ(白サングリアをイメージしていただくとよいと思います)

また、シャインマスカットの回りには白ワインジュレ。

 

全てが口の中で混ざると、なんとも幸せ!!

こちらは来客用に、ジュレのアルコール度をぐっと上げた大人バージョン

 

 

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

難易度★★★★(発酵生地、ジュレ、ブラマンジェ、クリームと

        層の種類が多いので行程が多めです)

日程:

10月10日(木)11:00~14:00

10月12日(土)11:00~14:00

10月18日(金)11:00~14:00

10月19日(土)11:00~14:00

10月20日(日)11:00~14:00

10月23日(水)11:00~14:00

 

受講料:8000円(以前で使用したグラスを持参する方は7500円)

 

お持ちかえり:直径5cm、高さ8cm ガラス製デザートグラス5個入り


1